読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとかなるさ

人生の5分の4ジャニヲタ27歳ジョシ

ジャニヲタ10年選手の私を唸らせたMCはこれだ

若干懐古厨の気があるクソDDな私にとって、福岡1部のMCはヨダレが垂れそうな程興奮した。

キッカケは増田さんだった。
絶好調にぶっ飛んでいた手越に小山さんが「もう話振るのいやだよ~w」と言ったところ、急に情緒不安定な増田さんが登場。

増田「小山がもう話振らないとかいうからさ、俺がやんなきゃいけないのかなと思って…でもシゲも手越も番組で仕切ったりしてるか…」

突然自分のトークスキルに自信をなくす増田さん。

小山「じゃあまっすー仕切る?」

増田「いや、俺仕切るのは小学校で卒業したから!小学生の時は『おい!ドッヂボールやろうぜ!』(無駄にイイ声)とか言ってたからね!ドヤッ」


増田「小学生の頃って足が速ければモテるみたいなとこあったじゃん。だけど中学になると面白い奴とかメガネだった奴が外してモテはじめて、まぁ俺はギリジャニーズだったから地位保ってたけどぉ~」


出た、増田さんの小学校の頃はモテたエピソード。
増田担なら耳にタコができる程聞いてます。

ameblo.jp

昔テゴマスのライブのMCでも言ってた。

そこから増田さんと加藤さんは小学生でジャニーズだったという話へ。

ちなみに4人を入所順に並べるとこんな感じ。

増田 1998年(小6)
加藤 1999年(小6)
小山 2001年(高1)
手越 2002年(中3)

手越「俺(ジャニーズ入ったの)中3」

増田・加藤「おっそ」

小山「俺高1」

増田・加藤「おっそ!!!」


先輩風吹かすシゲマスの2人が可愛すぎた。


そして誰が同期かという話へ。
こういう話待ってたのーーー♡

手越「俺はHey!Say!JUMPの八乙女と(キャー!)キスマイの玉森(キャー!!)」

小山「手越さん1人だけぶっ飛んでるからそうは思わないね」

手越「俺キスマイはほぼ先輩ですって言うと大体驚かれるのよ」


そうだろうね。
「キスマイBUSAIKU!?」で自分のVTRを見て耳まで真っ赤にして照れている玉ちゃんと、「イチャイチャラブラブしていこうぜぇぇぇぇい!!!」って恥ずかしげもなく叫んじゃう手越さんが同期だなんて誰も信じない。

小山「俺は二階堂(キャー!!)と横尾(キャー!!)」

宮田も忘れないで…。゚(゚´ω`゚)゚。

小山「まっすーは?」

増田「中丸」

会場 失笑

加藤「なんで急に呼び捨て?」

増田「あと藤ヶ谷とかね(キャーーーー!!)」

加藤「亀梨くん(キャーーーー!!!)もじゃない?」

小山「ねぇさっきから思ってたんだけど名前だけでキャーってなるの?本人出てこないよ?w」

増田「実は今日ゲストが来てますっ!!」

会場「キャー!!!!!」

ワルノリする増田さん。

小山「でも中丸くんの時あんまなかったよ?笑」

増田「中丸くんにすぐ言いつけてやるからな!」

もうここまででも私はウハウハしていた。


さらにここからコアなファンにはたまらない話へなっていった。

加藤「小山はKAT-TUNだったかもしれないんだよね」

小山「そうそう、ジャニーさんに仁(キャー!)と五関くんが呼ばれて。五関くん優しいから『俺らなんで呼ばれたんだろうねぇ』って話かけてくれて。ジャニーさんが『新しいグループ作るよ。他にもメンバー集めて、名前はKAT-TUNだよ』って言ってきたんだよね」

この話は有名だけどまさかそこに五関様が居たとは!

しかしKAT-TUNにGはない。
会場の誰もが「ん?五関のGどこ行った?」と思っていたところ

加藤「さっきから気になってたんだけど、五関くんのGはどこに行ったの?笑」

シゲGJ。

小山「分かんないwKAT-TUNGとかになってたのかなwww」

ぜひ五関様の口からこの話を聞いてみたい。

小山「まぁ結局ジャニーさんから電話があって『YOUやっぱKAT-TUNじゃないわ』って言われたんだけどね」

良かった、良かった。
赤西、小山、五関ってそのままデビューしてたらものすごいごちゃごちゃしたグループになってたよ。


そしてテゴマス結成話へ。

小山「テゴマスはいつから2人でやってるの?Ya-Ya-yahとか?」

手越「いやもっと前だよ。2人で初めて歌ったのはKAT-TUNのコンサート。ワンオクのTakaも居たからね!」

ワンオクのTakaというワードに会場がざわついた。
手越それ言って大丈夫???

何故テゴマスの2人で歌うことになったのかは、これまた増田担なら誰もが知っているであろう「カラオケに行ってジャニーさんに『YOUの声面白いねぇ(モノマネ)』と言われた」といういつもの話。

増田さんっていつも同じ話するよね。
他の人は「あの時は○○と言ってたのに、今回は●●と言ってる」っていうのがあったりするんだが、大体固定されたエピソードを何度も何度も言っている。
だから「あ、この話の流れだとあの話するな」って言うのがすぐ分かるから面白い。

加藤「それエレベーターの鼻歌じゃない?俺も居た気がする」

増田「え?うそ?(ジャニーさんのモノマネのまま)」

てか年明けのラジオ聞いたけど、ジャニーさんそんな声こもってなかったよ?

小山「俺ら(コヤシゲ)何してた?」

加藤「K.K.Kityとか?」

小山「そっか!J-Supportとかみんな知ってる?」

会場「…」

私「知ってるーーー!!!!」


皆知らぬのか。
小山、草野、加藤、飯田、武内、横尾の6人で、堂本光一さんがプロデュースしてたんだよ。
中居さんが舞祭組をプロデュースするもーーっと前に、化け猫先輩の光ちゃんがプロデュースしてたんだからぁ~。
ああ~ノッティ~~(号泣)
Private Hearts」は元々彼らの曲なんだぜっ!
いつの間にか小山さんがエロいRAPつけて自分の曲にしてたけど。


そして小山さんが思い出した。

小山「!!!チョナン・カンか!!韓国行ったよね。俺韓国人に間違えられたんだよ~」

コヤシゲがチョナン・カンの「愛の唄~チョンマルサランヘヨ~」を歌いだした。

今の若い子は知らないかもしれないが、SMAPの草彅剛さんは韓国語ペラペラなんだよ?

泊まりに来るおじさんがいるだけじゃないんだよ?!


小山「俺さ、高1でジャニーズ入ってるからある程度世の中のことも分かってたのね。だからコンサートで衣装がタンクトップと短パンしか置いてなくて『マジか』って思ったよ」

加藤「それでI☆N☆G進行形のバックで踊ってたんだよね」


I☆N☆G進行形ーーー!!!東新くーーーーん!!!!!!

またしても私大興奮。
だって実は金八の時好きだったのは東新くんだったもん。

そしてコヤシゲマスでI☆N☆G進行形の「Love Together」を歌い踊るも、手越さん仲間に加われずポツーン。

f:id:pumpkin2686:20150527215930j:plain

とこんな感じで懐かしい名前、グループ名がたくさん聞けた最高に楽しいMCだった。

ちょいちょいそれNGじゃないの?ってワードが飛び交ってたから、絶対DVDには入らんだろうな。

あといつだったか増田さんが言ってた「オーディションに親指の指紋柄Tシャツ着て行った」っていうエピソードがじわじわくるw
親指の指紋柄ってwww

その後の金八メンバーでディズニーに行った話も金八大好きな私にはたまらんかったな。

私の下によだれの水溜りできてなくて良かった。
うひょひょひょひょ。


他にもこのMCについて書いている方がいらっしゃいました。

restars.hatenablog.com
omguyz.hatenablog.com

♪君の視線が欲しくて~わざとふざけてたよ~♪
久しぶりに昔の少クラ見たくなってきた。